まったり、ほっこり、のんびり。日本対話ボランティア協会 公式ブログ | DIALOGE*CAFE

RSS | ATOM | SEARCH
キラキラ*コミュニケーション
ただいま対話ボランティア募集中!
「現在、私たち日本ボランティア協会は、一緒に活動する対話ボランティアを募集しています。対話ボランティアは、対話によって誰かの心を軽くするお手伝いをします。」

対話ボランティアに参加する!
(問い合わせフォーム)


対話ボランティア活動 公開スケジュール

私たちの活動スケジュールです。予定はリアルタイムに更新され、一般公開されます。

予定をクリックすると、ポップアップで予定の内容を確認することができます。



4月27日(土)、対話カフェ会の報告
JUGEMテーマ:イベント情報
「みなさん、こんにちは。水村です。もうすぐ5月ですが、まだまだ寒いくらい涼しい日が続きますね。うっかり風邪ひいたりしないよう、気をつけたいですね。さて、4月27日に対話カフェ会を開催しましたので、その報告です。」
「なんか、代表がブログに投稿するの、久しぶりですねぇ。」
「そういう対話ちゃんも久しぶり!」
「そうなんですぅ。」
「実は、僕は土曜日の対話カフェ会に参加するのは、初めてでした。そして、初めてサンサロサロンさんに行きましたけど、とても雰囲気のある部屋で、とてもまったりできました。」
「手書きのチラシが貼ってあったり、CDラジカセもご自由にどうぞ、みたいな感じでとてもアットホームでしたね。」
「こんな音楽かけて、僕も久しぶりにゆったりした時間を味わいました。」


家カフェ

「そして、今回の参加者メンバーは、この5名プラス、代表でした☆」
4月27日、対話カフェ会
「山口さんが、サンドイッチを作ってくれたりしました。」
「そして、代表、食いすぎっ☆」
「腹が減ってたの(笑 ・・・前置きが長くなっちゃったじゃないかっ。対話カフェの報告、報告!」
「図星、突かーれ~た~☆」


続きを読む >>
author:対話ちゃん, category:対話ボランティア, 01:22, この記事のURL
-
重要なお知らせ
JUGEMテーマ:ボランティア

今日は、重要なお知らせをさせていただきます。

昨年の6月にホームページを立ち上げ、少しずつ活動をしてきました。その結果、実は、対話ボランティア参加メンバーは、本日までに49人にもなりました。

そして、副代表の山口さんの活動により、対話カフェの開催、デイサービス施設への訪問など私たちの「対話相手」となる方々ともつながりや広がりを見せつつあります。

そこで、私は、私たちの活動理念を再確認すること、今後一緒に活動できる仲間との結びつきを強くしたいと考えました。

そして、私たちの活動理念に、倫理規定に賛同してくれること、一定以上の対話の技術を見に付け実際に対話ボランティア活動に参加できる方々を「登録ボランティア」として協会に登録していただき、実際の活動に参加していただきたいです。

具体的には、これから、月2回のペースで勉強会を行います(予定では、第二水曜日、第三水曜日)。

内容は以下のとおりです。

◆1.対話ボランティアについて
・対話ボランティアの概要
・活動理念
・対話ボランティアの倫理規定
・対話ボランティアの活動

◆2.対話の基本技法1
・「キラキラコミュニケーション」から、対話の「在り方」について

◆3.対話の基本技法2
・「キラキラコミュニケーション」から、対話の「在り方」について

これら三回の勉強会に参加いただいた方を登録ボランティアメンバーとさせていただき、名刺をお渡しして、実際の活動に参加していただきます。勉強会は、1〜3の内容を定期的に行いますので、2の内容だけ参加できなかった方も、次回の2の勉強会に参加いただければ登録ボランティアメンバーとして登録いただけます。

ボランティア参加メンバーとして活動していただくためには、どうしても私たちの活動理念や倫理規定、活動内容をしっかりと理解していただく必要があります。

ただ、これまで参加希望のメールを頂いた方の中には、まずは知識を深めたい、と考えていらっしゃる方も多いため、二回、三回の基本技法の勉強会や、私たちが不定期に開催する勉強会のみに参加していただいても結構です。

まずは、4月10日に、栄メンバーズオフィスで第一回目の勉強会を行います。

◆勉強会のお知らせ
日時:4月10日(水) 19:30〜21:00(19:00開場、受付)
場所:栄メンバーズオフィス
場所:http://www.sakaem-office.com/html/company/index.html#map
参加費:500円(税込)

【内容】
◆1.対話ボランティアについて
・対話ボランティアの概要
・活動理念
・対話ボランティアの倫理規定
・対話ボランティアの活動

勉強会への参加は、こちらまでお願いいたします。
勉強会参加希望
ぜひ、多くの方に登録ボランティアメンバーとなっていただけることを願っています。

宜しくお願いいたします。

author:対話ちゃん, category:対話ボランティア, 22:09, この記事のURL
-
3月27日ミーティング報告
JUGEMテーマ:ボランティア


「こんにちは やまぐちです。3月27日のミーティング報告です。ミーティングは代表が急きょ来られなくなったり、新しい参加者の方が3名もみえて、ちょっとアタフタしたミーティングになってしまいました。でも参加者が増えるのは、嬉しいですね(*^_^*)」


「仕事の都合で、参加できませんでした。すみません。そして、やまぐちさん、助かりました^^」


「今まで、毎週行っていたミーティングも来月からは第2水曜のみとなるので、今回が通常ミーティング最後の日になりましたね。一か月に一度になることによって密度の濃いミーティングにしていきましょうね」


「そうですね。水曜日は『夜の対話カフェ会』というひとつのオフ会を開催して、対話ボランティアもそうでない方も自由に参加してお話をする、っていう会を行っていくことにしましたからね。」


「水曜日の夜の対話カフェ会、土曜日の朝の対話カフェ会、そして毎月第二水曜日にミーティング(もしくは勉強会)、という流れで活動していく流れですね。」


「少しずつ、活動の流れも固まってきました。イベント情報など、ブログから発信していきますので、チェックしてくださいね!」
author:あきちゃん, category:対話ボランティア, 09:05, この記事のURL
-
2月13日、ミーティング報告、今週のミーティング告知
JUGEMテーマ:ボランティア
「報告のメールが遅くなってすみません・・・(って一週間ぶり!)。」
「色々ありまして、時間を作れませんでした。(ペコリ)」
「2月13日のミーティングでは、参加者の山口さんが「論理療法」というカウンセリング技法の知識を共有してくださいました。」
「これは、かなり勉強になったので、僕なりに「対話ボランティアのための論理療法」という形で資料にまとめさせていただきました。ミーティング参加者の方は復習のために、参加しなかった方もコミュニケーションにとても役にたつと思いますので、ぜひ下記PDFファイルをダウンロードして読んでみてくださいね。」

◆対話ボランティアのための論理療法
http://www.jdva.org/pdf/Rational-emotive_therapy_for_dialogue_volunteer.pdf

「それでは、今回は、ミーティング報告と合わせて、今週のミーティングの告知も一緒に行いますね。」
「明日(2月20日)のミーティングは、いつもどおり、名古屋市市民活動推進センターで行います。」

◆2月20日(水) 対話ボランティアミーティング
・場所:名古屋市市民活動推進センター「フリースペース」
・所在地:〒460-0008 名古屋市中区栄3丁目18-1 ナディアパークデザインセンタービル 6階
・時間:19:30〜21:30ごろまで(途中参加、途中退出OK!)
・参加費:無料

【参考URL】
・名古屋市市民活動推進センター
http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/shisetsu/vnpo01.html

・フリースペース
http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/shisetsu/freespace.html

「今回は、対話テクニックとしてのNLPについて、知識を共有したいと考えています。」
「もちろん、参加者の方も自由に議題を持ち寄っていただいてかまいません!そこは臨機応変に対応しますので、気軽に提案してくださいね。」
「そして、もう一つ連絡があります。」
「今週から、土曜日もミーティングを行います!」
「場所は同じですが、時間が13時〜15時となります。」

◆2月23日(土) 対話ボランティアミーティング
・場所:名古屋市市民活動推進センター「フリースペース」
・所在地:〒460-0008 名古屋市中区栄3丁目18-1 ナディアパークデザインセンタービル 6階
・時間:13:00〜15:00ごろまで(途中参加、途中退出OK!)
・参加費:無料

【参考URL】
・名古屋市市民活動推進センター
http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/shisetsu/vnpo01.html

・フリースペース
http://www.n-vnpo.city.nagoya.jp/shisetsu/freespace.html

「Googleカレンダーも更新しておきます。」
「では、ミーティングでお会いしましょう!」
author:対話ちゃん, category:対話ボランティア, 19:56, この記事のURL
-
お問い合わせページを更新しました!
JUGEMテーマ:ボランティア
「協会のホームページのお問い合わせページをリニューアルしました!」

「おぉ!対話を求める人と対話ボランティアをやりたい人と、ページが分かれましたね!」

「そうです。対話ボランティアの方は、人数が集まってきましたので、今度は対話を求める人(依頼者)からお問い合わせを受けなければなりませんからね。」

「なるほどぉ。ページにも書いてありますけど、人は言いたいことが言えないとき、ストレスとなって悩みを抱えることになるんですね。」

「そうだね。ストレスは、程度によっては悪いものではないから、それを適宜解消できていれば問題ないんだけど、現代はそうもいかなくなってきてるよね。」

「言いたいことを言いたくても、それが許されない状況や環境がありますからね。」

「そう。だからこそ、悩みを抱えすぎて重い心の病になってしまう前に、言いたいことを言える受け皿ともいうべき仕組みがあるといいよね。僕はそう思ったんだ。」

「それが、言えることは癒えること、話すことは離す(放す)ことの意味なんですね。」

「うん。僕も経験があるんだけど、どうなのかなコレ?って自問自答していることがあったとして、それを誰かに聴いてもらって受け入れてもらったとき、とても生きる力が湧いたよ。」

「わかります。誰かが私の味方になってくれている、ってだけで今日一日、生きてみよう、って気になります。」

「うん、そうだね。僕も救われた経験があるから、なおのこと。一人でも多くの人がそうなってくれたらいいな、って思うよ。」


◆協会のホームページ「お問い合わせ」
http://www.jdva.org/contact.html

◆「言える」ことは「癒える」こと - 誰かに話を聴いて欲しい方
http://www.jdva.org/recruiting_clients/index.html

◆あなたとの対話を必要としている人がいます - 対話ボランティア募集 http://www.jdva.org/recruiting_volunteers/

author:対話ちゃん, category:対話ボランティア, 19:52, この記事のURL
-
1月30日の対話ボランティアミーティング報告
JUGEMテーマ:ボランティア
「1月30日の対話ボランティアミーティング報告です。」

「毎度、報告が遅くてすみません。(ペコリ)」

「前回の1月30日のミーティングでは、NPO法人のことについて、「言える」こと「話す」ことについてなど話をしました。」

「あと、対話カフェの話もしましたね。」

「言葉の出典は確かではないそうですが、「言える」ことは「癒える」こと、「話す」ことは「離す(放す)」こと、という言葉があります。」

「言えることは癒えること、話すことは離す(放す)こと・・・。」

「押し殺した心、心の奥底に閉じ込めた感情は、頭では忘れたようにみえても、心の深いところに残り続けます。それが影響して、無意識に行動を制限したり、恐怖心を覚えたり、勇気がもてなくなってしまったり。そういうことがあるかもしれません。」

「傷ついた出来事も、心の整理が出来て、自分の言葉で「言える」ようになったとき「癒える」ようになり、悲しいこと辛い出来事も人に「話す」ことができるようになったとき、悲しみや辛さを手放す(離す、放す)ことができるようになります。」

「私たち対話ボランティアのやることは、クライアントが自分の言葉で「言える」ようになれるよう「話す」ことができるように、寄り添い、促すことです。」

「クライアントさんが言えるように、話せるように、来談者中心療法の考えを取り入れて、共感的理解、積極的受容の姿勢で対話するんですね。」

「うん。あとは、NLPの承認欲求の考え方、とかもね。これらだけでなく、有効な技法があれば、どんどん積極的に取り入れていきたいです。」

「皆さんの知恵をお借りしたいですね。」

author:対話ちゃん, category:対話ボランティア, 21:13, この記事のURL
-
23日の対話ボランティアミーティング報告
JUGEMテーマ:ボランティア
「1月23日に行ったミーティングの報告です!」

「今回は、対話ボランティアとしての実践的な部分について勉強会を行いました。具体的には、まず来談者中心療法というカウンセリングの基礎的な考えについて理解を深めました。」

「カウンセリング、ですか?」

「うん。対話ボランティアはカウンセラーではないけれども、来談者中心療法の考え方は、傾聴にとても役に立つと考えているよ。純粋性(あるがままの自分でいること)、自己一致(言動と心の状態が一致していること)、共感的理解、積極的な受容と許容。」

「自己一致、って難しそうですね。嘘がつけない、ってことですか?」

「そうだね。嘘も方便、っていう言葉もあるけれども、心が弱っていたり過敏になっている人には嘘は違和感として伝わる。また、嘘をつき続けなければならないとしたら、対話ボランティア側も辛いよね。そうならないように、お互いのため、対話ボランティアは自己一致した状態を保つべき、という考え方だね。」

「お互いのため、なんですね。」

「僕はそう考えています。そして、ミーティングでは、対話のロールプレイングを行いました。」



「おぉ!やっていますね!」

「対話をしてもらう側(クライアント)の状況を仮想的に設定して、その役割を演じてもらい、対話をしました。これは、対話をする側の実践的な訓練でもあるけれども、対話される側を演じることで対話される側の身になって考えることができるようになるための訓練でもあります。」

「あと、相手の言葉を促すためのオウム返し(バックトラッキング)や、姿勢や言い回しのほか、感情にもペースを合わせるペーシングなど、各自工夫して取り組んでみたりしました。」

「みなさん、上手にロールプレイングしていましたね。」

「そうでしたね。僕は、メンタルケア・スペシャリストの実践課程のときにロールプレイングをやったけど、あの時は凄く精神的に疲れてしまった記憶があるけど、今回参加した方々は上手にこなしていたなぁ、と感じます。」



「最後は、記念写真(?)ですね。」

「こんな感じでみんなで集まっていますので、みなさんもお気軽にご参加ください!」

author:対話ちゃん, category:対話ボランティア, 06:02, この記事のURL
-
対話ボランティアミーティング行いました!
JUGEMテーマ:ボランティア
「栄メンバーズオフィスにて、二回目の対話ボランティアミーティングを行いました!」

「盛り上がりましたね!なんと、今回は参加者が全員で6名でしたね。」

「ほんと盛り上がったよね。借りた部屋もちょうど席が埋まった状態でした。1時間だったけど、時間が足りないと感じたくらいです。」

「話が盛り上がって、ミーティングの写真を撮り忘れてしまいましたしね。」

「そうなんだよねー。ちょっと惜しいことをしました(汗」

「そして、今後の活動の指針はずいぶんと固まりました。」



続きを読む >>
author:対話ちゃん, category:対話ボランティア, 03:11, この記事のURL
-
キラキラに輝きたい人のコミュニケーションの秘訣


キラキラ*コミュニケーション

「対話ボランティア協会公式テキスト"キラキラ*コミュニケーション"公開開始しました!」


「おぉ、それは何ですか?」


「より良いコミュニケーション、キラキラ輝くコミュニケーションをするための"在り方"と"やり方"をまとめてみました。僕が行うセミナーでは、このキラキラ*コミュニケーションの内容に沿って進めていこうと考えています。」


「イラストが可愛いですね!」


「でしょ?イラストレーターは"魔女っ子よっちゃん"こと上原佳子さん。なんだかほんわかしてくる優しいタッチのイラストだよね。」


「ふむふむ。読んでるだけで元気になれそう・・・。」


「実はまだ、最後まで書き上げたわけではないけど、順次アップしていきますので、お楽しみに!」


★イラストレーター 上原佳子さんのブログはこちら!
http://blog.goo.ne.jp/d-witch-mermaid-princess
author:対話ちゃん, category:対話ボランティア, 06:12, この記事のURL
-
第一回 対話ボランティア活動ミーティング、報告
JUGEMテーマ:メンタルケア


JUGEMテーマ:ボランティア


「9月4日に行った、第一回 対話ボランティア活動ミーティングの報告です。参加者の方は、僕の他にホームページからお問い合わせ頂いた山口さんが参加してくださいました。ありがとうございました!」


「山口さんは心理カウンセラーの勉強の真っ最中ということで、ご自身でのカウンセリングの知識的な勉強に加えて、対話ボランティア活動での実践や経験を積みたいと考えて今回参加してくださいました。」


「ミーティングを行なって改めて感じたことは、やはり一人で考えているよりは、他の人と話をしていくと色々なアイデアや気づきを得られることでした。中でも、対話ボランティアをやっているうちに、"専門医に診てもらったほうがいいのではないか"といったケースに遭遇したときどのように対処するか、という課題点が見えてくるなど、とても有意義でした。」


「それでは、以下に箇条書きでまとめてみます。」


◆参加費について
諸経費を差し引いて余ったお金については、協会で責任をもって管理し、次回のミーティングの会場費や、イベント開催時の諸経費とさせて頂きます。今回の参加費は、一人500円(税込)で、余ったお金はありません。

◆プライバシーポリシー(個人情報保護方針)について
対話ボランティアの活動を行うにあたって様々な個人情報を取り扱いますが、協会は取得した個人情報を協会のプライバシーポリシーに則り、適切に扱うよう努めます。

◆対話ボランティアとしての倫理観
私たちは対話ボランティアをする際の倫理観を大切にして、活動を行います。専門医の領域である、診療などは行わず、安易なアドバイスを避け、クライアントを不安にさせたり脅したりする事がないようにすること。

「ここまでは、だいたいレジュメ通りですね。ここから、ミーティング時に持ち上がった話の内容になっていきます。」



続きを読む >>
author:対話ちゃん, category:対話ボランティア, 06:13, この記事のURL
-