まったり、ほっこり、のんびり。日本対話ボランティア協会 公式ブログ | DIALOGE*CAFE

RSS | ATOM | SEARCH
キラキラ*コミュニケーション
ただいま対話ボランティア募集中!
「現在、私たち日本ボランティア協会は、一緒に活動する対話ボランティアを募集しています。対話ボランティアは、対話によって誰かの心を軽くするお手伝いをします。」

対話ボランティアに参加する!
(問い合わせフォーム)


対話ボランティア活動 公開スケジュール

私たちの活動スケジュールです。予定はリアルタイムに更新され、一般公開されます。

予定をクリックすると、ポップアップで予定の内容を確認することができます。



25年度 名東区ボランティア連絡会 総会に出席しました
JUGEMテーマ:ボランティア


「4月30日に、25年度 名東区ボランティア連絡会 総会に出席してきました。その報告をさせていただきます。」


■総会の内容

1.はじめに
(1)名東区ボランティア連絡会会長あいさつ
24年度の名東区ボランティア連絡会(以下、ボラ連)会長の畔柳(こやなぎ)様より挨拶がありました。畔柳様は、視聴覚者ガイドヘルプ ひまわりの代表者をしていらっしゃいます。

(2)出席者自己紹介、活動紹介
今回の総会に出席された方々が、順番に自己紹介と、各自の団体の活動の紹介をしました。僕も、日本対話ボランティア協会の活動について、紹介させていただきました。

2.平成24年度 事業報告・決算報告について
ボラ連が前年度に行ったイベントやボランティア活動への支援、広報活動などの事業報告が、名東区社会福祉協議会の方から報告がありました。あわせて、ボラ連における前年度の収支、支出の決算報告がありました。

3.平成25年度役員の選出について
(1)会長の選出
(2)副会長の選出
(3)会計の選出
(4)役員のあいさつ

4.平成25年度 事業計画(案)・予算(案)について
名東区社会福祉協議会の方から、今年度の事業計画と予算案について発表がありました。

事業計画の概要は、以下のとおりでした。

平成25年10月 きら星めいとう(第23号)発行
平成25年11月 めいとうボランティア展 開催
平成26年 2月 めいとう福祉まつり2014
平成26年 3月 ボランティア交流会(研修会)開催、きら星めいとう(第24号)発行

めいとうボランティア展や、めいとう福祉まつりへの参加は、私たちとしても是非参加したい活動ですので、積極的に参加への準備を行っていきたいです。

5.その他
ここで、私も発言させていただきました。まず、私たちの団体「日本対話ボランティア協会」は活動を始めて、まだ日が浅いこと、ボランティア参加者の年齢層が20代〜40代と比較的若いこと、目指す「対話」の活動の場を探しているところ、ということを伝えさせていただきました。

そうしたところ、くすの木会(活動:名古屋市厚生院での衣類補修、縫製、ネーム書き、散歩介助など)の方や、猪高女性会(活動:老人保健施設等での介護補助、話相手、イベント補助、子育て支援(託児))の方から、ヨコのつながりとしての情報交換や紹介をいただけるといったようなお話をいただきました。

また、私たちは「絵本よみきかせ」からの、子育て世代のお母さん、お父さんとの「対話の場」を提供することを考えていますので、ポケットの会(活動:絵本の読み聞かせ、ストーリーテリング、パネルシアターなど)の方ともご縁ができたのは、光栄なことでした。

総会に参加された団体は、皆、社会福祉貢献という共通の目的で集まっています。各団体との「ヨコのつながり」を作っていくことで、私たち「日本対話ボランティア協会」が貢献できることがあれば、ぜひ協力していきたいと、改めて考えを強くしました。

5月8日には、勉強会(3)が終わり、ここでひとまず「登録対話ボランティア」メンバーとして、私たちの活動に積極的に参加いただけるメンバーが誕生すると期待しています。

私を含めた「登録対話ボランティア」メンバーの活動の場は、確実にあります。今、まさに、あなたのような「登録対話ボランティア」の力を必要をしている方々がいらっしゃることを、確信してきました。

誰かの幸せのお手伝いをすることで、自らも幸せになれる。

これを具現化していきたいです。

そう思いました。

皆さんのお力を貸していただければ、こんなに幸せなことはありません。

author:対話ちゃん, category:協会広報, 03:02, この記事のURL
-